株式会社 伊沢工務店 IZAWA KOUMUTEN Co.,Ltd.

SERVICE サービス紹介

公共工事

  • 01 工事へのこだわり
  • 02 事例紹介

数百年前の技と智恵を継承し、数百年先に誇れる仕事を。

01 工事へのこだわり

1 建築当時の工法を見極める
文化財となっているような歴史的建築物には、
建築当時の図面が残されていないものもしばしばあります。
私たちは、日本の大工の系譜に連なる一員としての誇りを胸に、
日々、文献や資料をもとに日本古来の工法や
かつての大工の技と智恵の習得を追求しています。
2 伝統技術で復元する
釘や留め具を一切用いず、木材の細工だけで
緻密に組み上げられた建築物の復元も行っています。
湿気の増減により膨張・収縮するという木の特性と、
大工が脈々と受け継いできた伝統的な技術を駆使して、
さらに長い年月に耐えられる建物へと再生します。
3 100年後を見据えた素材づくり
歴史的建築物の復元・修理に用いる漆喰や塗料は、
既製品ではなく、すべて現場で一つひとつ手づくりしています。
湿度・温度といった環境に合わせて繊細に調合しなければ、
100年後200年後も生き続ける建物とならないためです。
私たちは、未来の大工に誇れる仕事を目指しています。

02 事例紹介

伊沢工務店だからできる伝統の技がある

CASE.1 小倉家
大和市指定重要有形文化財である旧小倉家の母屋と土蔵を復元。
安政3年に建てられた商家建築。大和市ふるさと館として一般公開中。

改修時

  • 建方:構造体を組み上げる

  • 柱・梁補修:材料一つひとつを補修する

  • 古色塗り:柿渋・墨汁・土などを混ぜて作り塗る

  • 屋根下地:屋根を作るための下地組み

  • 屋根下地:元の材料と新しい材料を組み合わせる

  • 壁下地:竹を組んで作る土壁のための下地

  • 銅板葺き:銅板を綺麗にはるには下地の精度が大切

  • 屋根下地:アールの先端部は、木を削り合わせ作る

完 成

CASE.2 北島家
江戸末期に建てられた大和市指定重要有形文化財。
大雪で茅葺屋根が壊れたため、屋根全面の葺き替え工事を実施。

工事前

改修時

  • 屋練り:茅を敷き詰めるための土台づくり

  • 萱葺(茅葺):茅を敷き詰める

  • 棟作製:屋根の分水嶺となる箇所を作製

  • 刈込み:職人の手で丁寧に形を整えていく

完 成

CASE.3 資源選別所
設計が決定している状態から、屋根の取り付け依頼を受け施工。
古民家の修復だけでなく、鉄骨造などの施設工事も手掛けています。

工事前

完 成

↑